NZで電気工事士として就労するためには、日本と同じく「電気工事士の免許」が必要ですね。

ではどうやってNZ電気工事士免許を取得するのか?というとNZの電気工事士協会(http://www.ewrb.govt.nz/)で申請をする訳ですが、
日本で電気工事士の方は免許の切り替えが可能なのです。

基本的に「電気工事士免許2種」と「4年の職歴」が必要で、これがあればNZの電気工事士免許申請が可能となります。
ただ、最初はあくまで仮免ですので、NZ渡航後フルライセンスにするための講習を受験しなければいけません。

 

簡単にまとめますと、

電気工事士2種免許+4年以上の職歴

NZ電気工事士免許切り替え申請

仮免許取得

NZ電気工事士会社で就労開始

就労しながらフルライセンスに向けて講習+試験をパス

フルライセンス取得

 

 

フルライセンスにするためには通常、合計3科目パスしなければいけませんが、これがなかなか大変で相当勉強しなければパスが難しいものになっています。

過去の試験問題をこちらからご覧いただけます。

https://www.ewrb.govt.nz/becoming-an-electrical-worker/exams-and-practical-assessments/past-exam-papers/

受験科目は「Practical 1,2,3」「Theory」「Regulation」の3つです。
※電気工事士免許1種の試験内容と被っているところがあるようです。
※「Theory」「Regulation」はそれぞれ講習と試験があります。

ただ、電気工事士免許1種を持たれている方は科目の免除が狙える可能性があります。
何が免除されるかというと「Practical 1,2」「Theory」が免除されることになり、受講しなければいけないのは「Practical 3」「Regulation」だけになります。

まとめますと、

電気工事士2種免許の方は
「Practical 1,2,3」「Theory」「Regulation」を受講しなければいけません。

電気工事士1種免許の方は
「Practical 3」「Regulation」を受講しなければいけません。

※あくまで個別の審査になります。

 

少しでも負担を少なくしたい!と言う方は日本で1種免許まで取得されると後々楽になるので良いかもしれません。

電気工事士として既に永住権を取得された方もいらっしゃいます

 

shutterstock_217868863