今回はNZで盛んなボランティアについてお話したいと思います。

正規の社員ではなくボランティアに頼って運営している業界がありますが、代表的なのは「ソーシャルワークの業界」でしょう。
ソーシャルワーカーと言っても色々ありますが、一般的には日本の民生委員さんのように高齢者やトラブルを抱えた家庭を訪問してヒアリングし問題に対処されるお仕事という感じですね。
このようなところではボランティアで就労している人が多く、外国人がこの業界で職を得るにはかなり難しいと言えるでしょう。
これらのボランティアを押しのけて採用されるためにはなかなかハードルが高くなるでしょう。

必要なスキルとして、

  • 高度な英語力
  • ソーシャルワーカーとしての十分な職歴、経験
  • NZの文化を知っている必要がある

が必要です。
ソーシャルワークと言うのはカウンセリング力も必要とされるので、カウンセリングの経験があるというのもアピール材料になるでしょう。ただし日本でのサポートではあまり意味がありません。問題を抱えている人達へヒアリングして問題解決のためにサポートしていかなければいけません。ですので、クライアントさんが言っていることを聞き違えては良いサポートは出来ません。高度な英語力が必要になります。

英語でネイティブのクライアントさんをカウンセリング出来る英語力でなければアピールにはならないでしょう。

ということで、ソーシャルワーカーとしての仕事探しはあまりお勧めできません。
(アメリカなどで学位博士号取得の方はチャレンジされてみると良いとは思います。)

 

似ている職種としてコミュニティワーカーというのがあります。これはソーシャルワーカーと仕事が被るところがありますが、イメージとしてはソーシャルワーカーを補完する仕事という感じです。

それから福祉施設でのサポート業務も含まれます。 福祉施設はさまざまで家庭内暴力、子供の保護、障害者さんへのサポートもソーシャルワーカーの仕事になっています。

こちらもボランティアに頼って運営している団体が多く、フルタイムで仕事を得るにはなかなかハードルが高いですが、ある程度の英語力(アイエルツ5.5~6)があれば可能性はあるでしょう。

ボランティアが沢山働いている分野ではなかなか厳しいですね。