NZにはいろいろ出来高制で雇用されている仕事があります。

時間給ではなく、「顧客一人につき、いくら」という契約の形態ですね。
場所は提供するけれど顧客一人治療していくらという報酬を得る形です。

たとえば、マッサージ、鍼灸、カウンセラー系の仕事などは1時間いくら、という形で会社と契約して就労する形が多かったりする訳です。
そのほか、ジャンルは違いますが、不動産販売エージェントも出来高の契約で仕事をしています。

このように出来高であれば、採用する側にとっては最初からフルタイム(40時間/週)の仕事を確約しなければいけないというリスクを避けられる訳で採用しやすくなります。

出来高で雇用だと

フルタイムで雇用のリスクがない

採用し易くなる

ということで、雇用主にとってはリスクがない採用の形ですが、残念ながら、これでは労働ビザは申請できないことになります。

NZで労働ビザ申請するにはフルタイム契約でなければいけませんので、出来高では就職しても結局ビザは申請できないことになるからですね。

 

 

▼ワーホリビザを使い就労スタートさせる

では出来高の仕事の場合、労働ビザを取得することは諦めなければいけないのでしょうか?

いえいえ、まだ年齢的にワーホリビザが使える人はワーホリビザで就労スタートするというのも良い方法です。

 

ワーホリビザで就労開始

出来高で顧客を獲得して固定客を増やしていく

売り上げを増やし、雇用主からの信頼を得る

広告掲載

労働ビザ申請

 

という流れですね。

ワーホリビザであればどこでも1年間制限なく就労できますので、出来高でとりあえずスタートして顧客をゲットし、仕事が出来る(能力がある)ことを証明出来ればフルタイムへビザ申請という方法もあり得るでしょう。

 

 

▼ワーホリビザを申請できない方

残念なことに年齢的にワーホリビザを申請できない方は。最初からフルタイムのオファー(雇用契約書をゲット)を狙わなければいけません。

ハードルは高くなりますが、ワーホリビザがなくても最初からフルタイムの仕事をゲットされた方もいらっしゃいます。

 

こちらの動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=P_G_l8ptHrE
プレミアメンバーの方ですが、このように理解のある雇用主さんであるならば最初からフルタイムで雇用してくれるケースもある訳です。

基本的にNZ人や永住権保持者の雇用が優先されます(しなければいけない)が、求人募集しても地元から応募がない街であればフルタイムでの契約が狙える訳ですね。

 

 

▼専門学校を卒業し就職する方法

もしくは最初は専門学校に入学というのもいい方法でしょう。資金が必要ですが、現地の学校に入り、(学生であれば週20時間であれば就労できます)働きながら、卒業後フルタイムに切り替えを狙う、という選択もあり得る方法です。もちろん、卒業したからと言ってフルタイムの仕事が見つかる保証はありませんのでそれは予め理解しておかなければいけません。

NZで専門学校へ行く上で、問題となるのはやはり資金がかかるということです。独身ならまだ良いですが、お子さんがいらっしゃる場合はお子さんの学費も計算しなければいけませんので、生活費も考えるとあっというまに1千万円からの資金が必要となります。

NZで専門学校に行くというのは資金が結構かかるだけに悩ましいところですね。

 

※個別ビザのご相談はビザアドバイザーさんまでお問い合わせください。