ニュージーランドでは時々募集していないけど採用してくれるケースがあります。shutterstock_630987482

就職活動のお手伝いをしていると、人柄を気に入ってくれて採用してくれる、という事があります。」

  • 「一人雇用するだけの仕事はないけどチャンスを上げよう」
  • 「今現在パートタイムしか仕事はないけど将来的に増えるだろうから今のうちに採用しておこう」

と言う感じですね。

このように気に入ってもらえれば採用予定はないけどチャンスをもらることがあるのです。

では、どんな雇用主が多いかと言うと、自らビジネスを立ち上げた経営者が多い感じでしょうか。 というのも経営者自身も苦労してきているので、「魅力のある人にはチャンスを上げよう」と考えるのではないかと思います。

ただし、経営者は非常に人を見る目がありますので、彼らの眼鏡にかなわなければいけません。

スキル、英語だけでなく、

  • 人物的な魅力、
  • 協調性があること、
  • 謙虚さが備わっていること

なども必要でしょう。

そしてしハングリーであることが必要です。

あなたにその魅力がなければいけません。
信頼感、控え目なところ。も必要でしょう。

 

場の雰囲気を読めない、壊す、ような人は敬遠されると言ってもいいでしょう。仕事はチームで行うものですし、いくら能力があっても輪を乱す人、協調性に欠ける人ではいけません。雇用主にとっても他のスタッフと仲良くやってくれるのか?は大切です。

雇用主があなたを気に入ってくれれば、ビザ申請の内容に合うように雇用主が仕事内容を考えてくれる、となる可能性も出てくるでしょう。