「自分のスキルで本当にニュージーランドで通用するのか?」と心配される方は多いかと思います。

外国で自分の技術が通用するのか!?? って不安に思われると思いますよね。
ましてや行ったこともない国ですとなおさらです。(^^ゞ

が、これまでの方々を見ると、一般的に日本の職人さんであれば十分通用されていらっしゃるようです。
全ての方々・・・とは言いませんが概ね日本の職人さんであればNZでも十分通用していると言って良いでしょう。

例をあげると、

  • 電気工事
  • 溶接
  • 大工
  • 建具
  • 塗装
  • 石材
  • クレーンオペレーター
  • 農業
  • CNCマシーンオペレーター

などですね。

※IT、コンサル、社会福祉系は難しいケースが見られます。
※実際に就職サポートを受けて多くの職人さんがNZで仕事をゲットされていらっしゃいます。
ということで、

「自分のスキルで本当にNZで通用するのか?」と不安に思ってしまいますが、過度に不安に思う必要はありません。
(もちろん英語力はある程度は必要ですが、ハイレベルである必要はありません。ここでは英語についてのご説明は割愛致します。)

 
それから、忘れてはいけないのは判断するのはNZの雇用主である、ということです。

 

「日本ではまだ半人前なのに外国のNZで通用するのか?」

 
と思うのはもっともだと思いますが、あなたや日本の会社の判断はひとまず横に置いておいて、NZの雇用主がどう判断するのか?について見ていかなければいけないでしょう。

実は技術系の仕事に関しては日本の職人さんのレベルはある意味高すぎるぐらいで、「そこまでのレベルの仕事は求めていないよ~」という職場もあるのです。

日本の職人さんのレベルは概ねニュージーランドでは超一級品!

 

日本の素晴らしい職人さんでもNZではレベルが高すぎてそこまでの技術は必要とされない場合もあり、これはちょっと職人さんにとっては残念なところではありますね。まるでアムロの才能にガンダムの性能が追いついていない、という感じです^^

 
日本では半人前でもNZでは通用したりするケースが多いようですから、就職活動にチャレンジしてみるのは無謀でもなんでもありません。

 
もちろんレベルの高い会社もありますが、全体的に見て日本の職人さんレベルだと十分通用すると思われます。