Q. 土木系の仕事で仕事は見つかるのでしょうか?

A. もちろん、可能性はあります!

NZは全国各地、戸建やショッピングモールなど建設されており、土木も大変需要があります。
(当サポートを受けてNZのクレーン会社、土木会社に就職された方もいらっしゃいます)

現場作業員としての需要はありますが、注意しなければいけないのは、現場作業員ではビザ申請が出来ない!!ことですね。ご注意ください。
重機運転手、トラック運転手では「永住権を申請出来ない職種」となっています。
但し、ニュージーランド移民局認定された会社であれば、どのような職種であってもビザ申請可能となっています。
※2018年9月時点。詳しくはビザアドバイザーさんまでご相談下さい。

求められる英語力ですが、やはりコミュニケーションが取れるレベルでは必要ですね。
それから使える土木・建設系機械の免許はあればあるほど良いでしょう。
クレーン、溶接、ガス、フォークリフト、建設機械運転、ローラー、玉かけ、ショベルローダー、高所作業車、大型トラック、危険物取扱などですね。

 

基本的に仕事はあるので、スキルがあれば面接アポはしっかりと取得出来るでしょう。20件ほどの面接アポイントも可能と思います。
ただ忘れてはいけないのは、人柄が良い人材である、というところですね。

日本での仕事でスキルアップを目指す+人間的な魅力アップも底上げしていく、ことが大切と言えます。