ときどき耳に入るのは、

「あの人日本で○○(大企業)に勤めていたエンジニアなんだけど就職に苦労しているよねぇ」

とちょっと意外なニュアンスを込めて話をしているですが。。。

 

 

 

この「日本でどこどこの有名会社に勤めていた」というのはあまりNZでは関係ありません。

どこかの某国なら日本のエンジニアを高給で雇用するのかもしれませんが、NZには製造工場はあまり無いのでマッチする職種がそもそもない、という現実もあります。

自動車生産ラインで働いていた人がNZで同じ仕事があるかというと無いわけです。

半導体工場なんかもNZには無いわけですし。

 

 

日本で転職する際は、やはりネームバリューもあるでしょう。大手企業に勤めていたと言うと(中小よりは)転職しやすい場面もある訳です。

 

この点、NZでは日本の会社(大企業)は知られていない訳ですから、「ふーん」という反応しか残念ながらありません。

さすがにトヨタ、ホンダ、日産、ソニーぐらいは認知されていますが、例えば、富士通、日立になると怪しい。。

リンナイ 、住建産業、サントリー、大林組、ダイキンなどはもちろんほぼ認知度ゼロ。

(↑NZへ進出はしています)

 

言いたいことは

日本での会社の大小は関係ない!
ということです。
NZでは中小企業がほとんどですし、日本での大企業での職歴はあまり意味がないのです。

逆に中小企業(日本)のなんでも屋さん的な方がNZではマッチします。

 

 

さらに言いますと日本で「派遣社員としての職歴」と「大手企業の職歴」も関係ありません!

 

「派遣だから職歴にはならないんじゃないの?」

「正社員じゃないしNZでは認めてもらえないんじゃないの?」

大きな誤解です!!
これはまったく(ほぼ)関係ありません!!

 

雇用形態が何だろうと職歴は職歴です。フルタイムで就労していれば立派な職歴になるわけです。

 

「派遣で○○工場で組み立てをしていた」とNZで言ってみてください。

「そいつはすげーや!」となりますので!!

 

(そもそもNZで派遣社員社員という制度がありませんので、KIWIに説明してもあまりピンと来ないでしょう)

 

NZ就職で大切なのはあなたがNZの会社にとって何が出来るか?です

 

ですので、くどいようですが、「日本の大手有名企業に勤めていた」という職歴はNZでは(ほぼ)役に立ちません。

 

大切なのは、

  • 何の仕事を何年やってきたか?
  • 何が会社に貢献できるか?

 

とうことですね!