元宝塚というのは強いブランドですね。

退団後、いくつになってもカリスマ性を感じアドバンテージがあるように思ってしまいますが、私達日本人もその「ブランド」をNZで生かすことが出来るのです。

ブランド・・・日本人あることのイメージ像(印象)、技術力がNZで評価されている。

 

日本での職歴を活かせる可能性がある

  • 農業(←実は日本スタイルの農業は評価されている)
  • 指圧マッサージ
  • 鍼灸
  • 電気工事
  • エレクトリカルエンジニア(要高度な英語力)
  • 工作機械整備
  • 金属加工
  • メカニカルサービス全般
  • ベーカー
  • 輸出入(要高度な英語力)
  • 建具職人
  • 他エンジニア系

など。

※和食シェフはあまりお勧めいたしません。

 

逆に日本での職歴を活かせる可能性が少ない?(ハイレベルな英語力が必要であることも原因)職種はというと、

  • IT全般
  • ソーシャルワーカー
  • カウンセラー
  • 看護師
  • 介護

などでしょう。

※看護師はそもそもNZで資格取得がハードルが高い(英語力や資格面で)

せっかく日本で職歴を積んだのにNZの就職では日本ブランドが生かせない!というのは残念ですが、それが現実ですのでそこから何か対策を考えなければいけないでしょう。

例えば、IT系は世界中から優秀なエンジニアが求職にやってきているため、1つの仕事に数十人が応募に来るわけです。
ですので、日本ブランドが活かせない職種の方の場合は、「何か売りになるもの」が必要でしょう。それを考えなければいけません。

このようにNZには仕事が欲しい外国人がワンサカいるわけですから、彼らを押しのけてあなたを採用しなければいけない「理由」が必ず必要です。
(日本ブランドが生かせる職種はあえて考える必要もあまりないと思います)

例えば、
カウンセラーの場合は、座禅を取り入れたカウンセラーとかも一つの案かもしれません。
ソーシャルワーカーはカウンセラーを取り入れたサポートとか良いかもしれません。

とにかく相手の土俵に乗っての勝負は避けなければいけません。

  • あなたの売りはなんでしょう?
  • なぜNZの雇用主はあなたを雇わなければいけないのでしょう?

 

あなたが勝負出来る土俵で戦わなければいけません。

この点を是非お考えください。