日本で自営業をされていましたが、原発事故により、海外への移住をご検討され始めました。ダイヤモンドサポートをご利用され2週間の滞在でNZで内定をゲット。現在は家族でNZで滞在中。

内定後のインタビュー

 

 

q2自己紹介をお願いします。 
a2旦那様: 愛媛から来ました木工作家です。

 

q22週間就職活動されましたが、どうでしたか?
a2旦那様: 結果的には良い結果になりましたので、とても良い旅だったなと思います。

 

q2今回はご両親と息子さんも来られましたが、NZは良かったですか?
a2奥様: 一度は来たいと思っていた。子供が一番楽しんでいました。行く先々で、面接してくれる人も子供をかわいがってくれ親切でした。
旦那様: 最初の1週間は面接行っても行ってもはなから相手にされなかったのでつらかったが、象二郎さんを信じて最後まで望みを捨てないのは大事かなと思いました。

 

q2将来はギャラリーとか開業出来たら良いですね。
a2奥様: はい、永住権が持てたらギャラリーをやりたいです。

 

q2いろんなところに輸出したいですね
a2奥様: はい、ワールドワイドに(笑)

 

q2どうしてNZを選んだのですか?
 a2旦那様: やはり釣りですね。それから魚介類の美味しいところですね。日本では魚介類を食べない生活が長いのでNZはありがたい。
奥様: NZを選んだのは私ですけど。笑 

旦那様: 僕はダイヤモンドプランとしか、としか言っていないです。(笑)
奥様: OKそれで行こうという感じでした。


q2
ダイヤモンドに申し込む前どんなことで悩んでいましたか?
a2どのようにしてMZへ移住するか?色々な手段を模索していました。

 

q2何が決め手となってダイヤモンドメンバーに申し込みましたか?
a2おそらくスタンダードな移住手段、『ワークビザ取得→永住権』のルートは現地の専門学校へ入学して、卒業後ジョブサーチビザ取得→就職 と、いうカタチだと思いましたが、専門学校の履修が2年となると家族で移住し、生活してゆくのは我が家の家計上到底無理と思い・・・他の方法を探しておりました。その際、象二郎さんのサイトでダイヤモンドメンバー募集を知り、私たちが『最短』でワークビザを取れる手段はこれしかない!と思い、申し込みました。
q2実際にダイヤモンドメンバーに参加してみていかがでしたか?
a2渡航するまでの準備期間も、仕事や引っ越しと並行してやることが満載で大変でしたが、象二郎さんが、いつでも、どんな些細なことでもすぐに相談に乗ってくれて、なんとか乗り切ることができました。とてもフレシキブルに対応してくださり、私たちの意見や悩んでいる処を丁寧に聴いてくださって・・・現実、かなり厳しい就職活動でしたが、その象二郎さんの粘り強さが、たった一つ残ったジョブオファーへ繋がったと思っています。共に就職戦線を闘ってくださったこと、本当に感謝しております。

 

 

就労後1年4ヵ月後のインタビュー