プレミアメンバーで就職活動された電気工事士さんに3年の労働ビザが下りました!!

※work to residenceカテゴリーではなく Essential Skillsカテゴリーでの労働ビザです。
ざっくりとですが、

EWRBへ免許切り替え申請

職歴が4年(微妙な年数)だったので切り替え申請失敗

その代わり「見習いのリミテッド免許なら取得できます」とEWRBより通知を頂く

NZで就職活動

内定

EWRBに免許申請し取得。NZで求人広告掲載

労働ビザ申請、取得

※ビザ申請はビザアドバイザーに依頼されています。

という流れで今後は、就労から1年後アイエルツ免除を狙って永住権申請を予定されています。
最初の免許切り替えに失敗されたのですが「内定」があれば「見習い仮免許」は取得可ということで、
NZのビザアドバイザーのアドバイスもあり、「見習い仮免許」で労働ビザ申請し無事労働ビザをゲットされました。

 

 

逆に内定がなくても取得出来るのが、通常の「仮の電気工事士免許」になります。

 

他の電気工事士の方は通常の仮免を取得されたので広告免除が狙えるwork to residenceで申請出来ましたが、今回の方はEssential Skillsカテゴリーでの労働ビザ申請となりました。

 

 

1年後は英語試験(アイエルツ)免除を狙い永住権を申請されるご予定ですが、EWRB(NZ電気工事士協会)からもらっているのは仮免ですので3年以内に3科目受講して試験をパスしなければいけません。

 

うーん、仕事よりこれがやっかいかもしれません。

 

※個別ビザについてはビザアドバイザーさんまでご相談下さい。