NZで仕事を見つけるにはライバルがいない分野であれば良いに越したことはありません。

 

何しろNZに来る移住希望者は後を絶たないわけで、そのため現地NZでは仕事を探す外国人であふれている訳ですね。
ライバルになるのは基本的に同じ外国人となりますが、彼らも日本人と同じく、現地NZで専門学校を卒業し就職を目指す訳です。

「専門学校が沢山あるのだから需要のある仕事なんだろう?」と思うかもしれませんがそうとも言えません。

 

皮肉なことですが、専門学校が多い職種=ライバルが多い、と言えるでしょう。

IT、シェフ、ホスピタリティなどそうですね。毎年大量に卒業生が出るわけですから。。。

結果、どうなるか?と言いますと、


1つのポジションに何十人と申し込みがあるわけです。

 

実は、NZのショーテージスキルリストに載っている=仕事を得やすい、ではないのです。

 

では、どうしてITがショーテージスキルリストに載っているのでしょうか?

これはあくまで「ハイスキルなエンジニアを求めている」という側面もあるでしょう。日進月歩で進歩するIT業界ではハイスペックな人材はいつでも需要があるわけです。

 

という訳で、IT系で就職を目指す方は世界のハイスペックな人材と競争になることを覚悟される必要があります。

おまけに日本とNZでは同じITと言っても環境の違いがありますので、日本での経験がどのぐらい有利になるのか?不透明です。

とは言っても、当サポートを利用されてこれまでお二人のITエンジニアの方が就職に成功されました

タイミングとスキル・人物像がマッチすれば就職出来る可能性はもちろんあると言えます。

 

他、ビジネスマネジメントコースなどもありますが、これはさらに論外です。泣

ハイレベルな英語力であればNZ人と同じ土俵で勝負出来ると思いますが、英語にハンデのある外国人はビジネスの専門学校は避けたほうが良いでしょう。

 

もう一度言います。ビジネスマネジメント・マーケティング系は基本論外です。就職活動はかなり大変になることを覚悟する必要があると思います。

もちろん可能性がないわけではありません。就職活動がかなり大変になる、ということです。

 

 

ではライバルが少ない職種とは何でしょう?

NZで専門学校が無い職種であればライバルが少ないと言えるでしょう。

 

専門学校が多い職種=ライバルが多い
専門学校が無い(もしくはほとんど無い)=ライバルが少ない

ということですね。

 

ショーテージリストを見て、NZで専門学校が無い職種を見つけ、

日本で技術を身につけ

NZで就職チャレンジ

がベストですね!

これからNZの専門学校に行かれる方は本当にそれで就職をチャレンジするのが?是非今一度ご検討ください。

 

NZ専門学校、NZ政府の良いカモ?にならないように、永住権まで一直線に行きたいですね。

※ビザに関してはビザアドバイザーさんにご相談ください。