電気工事士さん 南島で就職決定アンケート

電気工事士さんが南島の某都市で就職されました!アンケートにご回答頂きましたのでご紹介いたします。
今後2年就労後、永住権申請をされるご予定です。

どうしてNZへ移住をされようと思われましたか?

超少子高齢化社会や政治・経済動向など、日本の将来に不安を感じており、自分たちの今後のために日本以外でも生活できる権利を持っておきたいと考え、30代のこのタイミングで移住に挑戦しようと決意しました。

また、当たり前のように毎日残業することが多い日本の労働環境にも疑問を感じていました。今後子供が出来た時に夫婦ふたりで育児も仕事もできる環境にいたいと思ったのも、理由のひとつです。

ニュージーランドは数年前にワーキングホリデーで住んだことがあり、その時にKIWIのスローでおだやかなライフスタイルを肌で感じ、魅力的に思っていました。

ゴールドメンバーに参加する前どんなことで悩んでいましたか?

移住がうまくいくかどうかは(将来永住権を目指せるかどうかも含めて)、「仕事」が鍵を握っていると思いますので、とにかくニュージーランドで希望通りの就職ができるかが不安でした。

ゴールドメンバーを知ってすぐに申し込みされましたか?すぐに申し込みされなかった理由は何でしょうか?

わたしはニュージーランドでの就活にコネもノウハウもありませんでしたので、自分の力だけで就活を成功させるのは難しいとはじめから考えており、ほぼ迷わず申し込みしました。

料金はわたしにとって決して安くはない金額でしたので、費用対効果も考えましたが、自力で活動して失敗したときにロスする時間と費用と比べると高すぎることはないのかなと判断しました。

(実際に就活を終えてみて思うのは、山下さんに費やしていただいた膨大な時間と労力、そしてこれが人生の転換点になりうることを考えると、むしろ安いくらいでは・・とすら思います!)

何が決め手となってゴールドメンバーに申し込みされましたか?

日本で仕事を続けながら、ニュージーランドでの就活ができるという点です。面接のために長期休暇を取る必要はありますが、リスクヘッジとして日本の会社を辞めずに活動できるというのは、心の余裕にもなりました。

実際にゴールドメンバーに申し込んでいかがでしたか?

想像以上に手厚くサポートしていただけ、本当に感謝しています。

これまでの経験や職歴を踏まえた自己分析からはじまり、現地で必要なライセンスの取得手続き、カバーレターや上司からの推薦状の作成、膨大な数の応募先企業のリストアップと面接依頼、日程調整などなど、山下さんには本当にものすごい労力を費やしていただきました。面接終了後には、内定先企業とのやりとりやフォローアップまでしていただけ、無事、満足のいく条件で就職が決まり、スムーズに仕事を開始することもできました。

自分ひとりでは絶対にこのような結果は成し得なかったと思いますので、心から感謝しています。ありがとうございました!