⺟⼦で移住は可能か?

ニュージーランドは⽇本と違って「⼦育てに理解の社会」であると思います。
ニュージーランドの⼥性⾸相も出産の為に産休を取るというニュースがありましたが、歓迎⼀⾊。
みんな純粋に⾸相に喜びの⾔葉を送っているでしょう。

このようにニュージーランドでは、育児に対して⾮常に寛容で、会社でも融通が効きやすいところがあります。
実際に、「今⽇は⼦供を早く迎えに⾏かなければいけないので早く退社しました」というのは良く⽿にするお話です。
なんとお⽗さんが会社を抜けて保育園に⼦供を迎えに⾏くのです。
これはさすがに⽇本ではありえないでしょう。^^

▼会社へ早退することを⾔い出しにくい雰囲気とかあるのでしょうか?
これは、あまり(場合によっては全然)ないようです。

実際に、
・⼦供の送り迎えがあるので会社を早退する
・⼦供を迎えに⾏って会社につれてかえり、そのまま定時まで会社で待たせておく
というのは⽿にします。

が、
本当に⺟⼦家庭で就職して移住は可能なのでしょうか?
⾯接では何と⾔えば良いのでしょうか?

結論から⾔えば、
例え⺟⼦であってもNZで就職活動して仕事を⾒つけることは不可能ではありません。
(積極的に可能です!とまでは⾔いません)

実際に、就職活動された⽅々の中には⼩さいお⼦さん2⼈を連れたお⺟さんもいらっしゃいました。
※お⽗さんは⽇本で仕事を継続中。
ハードルはありますが、⺟⼦で最初から労働ビザを取得して移住というのは不可能ではないでしょう。

⾯接では当然、⼦供の⾯倒はだれが⾒るの?という話になりますが、
・学校への送り迎えはシッターさんを雇⽤してお願いします。
・仕事が終わって帰宅するまでシッターさんに⼦どもと⼀緒に留守番をしてもらいます。
と⾔えば、以外と乗り切れるのではと思います。
(もちろんそれでも安⼼しない雇⽤主も居ると思います)

実際にNZでは⺟⼦家庭が多く、多くのお⺟さんが学童保育やシッターさんを雇⽤して⼦育てをしています。⼦育てに⾮常に寛容で協⼒的な国⺠性なので⺟⼦で移住も不可能ではないと思います。
※家賃と⾷費を免除する代わりに、住み込みで⼿伝ってもらう、というのは法的に問題があるので⽌めた⽅が良いと思われます。

関連記事

  1. 新卒でビジネス系の専⾨学校を卒業しました。仕事は⾒つかるでしょうか?

  2. ニュージーランドの会社が何を求めているのか?困っているのか?

  3. ⽇本ブランドを⽣かして就職活動をする

  4. 半⼈前ですけど⼤丈夫ですか?

  5. Over Qulifyと⾔われたら?

  6. ボランティア、インターンでも良いから経験はあった⽅が 良いのか?

NZ移住BOOK無料版プレゼント

※メールマガジンに自動登録となります。
​※解除はいつでも可能です。




メールアドレス:

ニュージーランド就職活動BOOK

日本人が間違えやすい英語110選!