建設・⼟⽊会社で就職できるか?

建設・⼟⽊会社で就職できるか?

ニュージーランドは建設・⼟⽊事業はかなり盛んですので、雇⽤の需要はかなりあると⾒て良いでしょう。
では、どういったポジションで就職のチャンスがあるのか?⾒て⾏きたいと思います。

まず、建設現場での仕事となると、
・トラック、
・ローダー、
・ショベルローダー、
・ユンボなど
を運転操作するオペレーターが上げられますね。

国は変わっても、免許・経験があればいろんな会社へ応募が可能でしょう。
さらに言うと、⼀つのことより守備範囲が広ければチャンスは広がる、という訳ですが、やはり出来るだけいろいろな資格・スキルがあった⽅が良いでしょう。

先⽇、ニュージーランドで就職活動されたゴールドメンバーさんがクレーンオペレーターの職をNZでゲットされましたが、他、⼟⽊系の会社からも内定を得られましたし、英語が苦⼿でも技術があれば仕事をゲット出来る、ということを証明していただきました。

ただ、注意しなければいけないのはトラックドライバーや重機などのオペレーターでは永住権申請が出来ない、ということです。
トラックドライバーや重機などのオペレーターでは永住権申請が出来ないですので、もし重機のオペレーターとして就職するのであれば、他の職種でビザ申請を⾏わなければいけません。

他、可能性があるとしたら、「溶接」が上げられます。⼟⽊・建設会社などでは溶接として就職するのが⼀つの選択肢ですね。
※ストーン、ブリックでもビザ申請は可能となっています。

それから、⼟⽊・建設系の会社にはアクレジットと呼ばれるNZ移⺠局認定の会社が結構あるのですが、これらのアクレジットの会社ではなんと就労2年後にアイエルツ免除で永住権申請が可能、というのがヒジョーに⼤きなメリットでしょう。
なんと⾔ってもアイエルツ6.5は超難しすぎます。(>_<)

アクレジットの会社では就労2年後にアイエルツ免除で永住権申請が可能残念ですが、アイエルツ6.5というのは英語のベースの無い⽅がチャレンジしてもそうそう取れるスコアではありません。

※ アクレジットの会社というのは移⺠局に認定されている会社ですので、ワークビザ申請の際に外国⼈を⾃由に雇⽤することが出来ます。さらにwork to residenceカテゴリーのワークビザで申請出来るので、2年間就労すればIELTS免除で永住権の申請が可能となっています。他、年収の規定があります。

関連記事

  1. ⽇本⼈ブランドを⽣かせる職種、⽣かせない職種

  2. 農業で就職可能なのか?

NZ移住BOOK無料版プレゼント

※メールマガジンに自動登録となります。
​※解除はいつでも可能です。




メールアドレス:

ニュージーランド就職活動BOOK

日本人が間違えやすい英語110選!