アプローチ先の間違い

「⽇本での職歴」と「ニュージーランドでの仕事」がピッタリであるならば、就職活動が成功する確率は⾼まります。
例えば、
⽇本で電気⼯事をしていた

NZでも電気⼯事の仕事を探す
などですね。
このように同じ仕事であれば⽇本の職歴をそのままアピールすれば良いでしょう。
これはすごくシンプルですね。
しかし、なかなかマッチするケースが少ないのが現実です。

例えば、
基盤回路の設計
学校の先⽣
配電盤の製造
看護師
などの仕事で就職活動を⾏うには難航することが予想されます。学校の先⽣がニュージーランドでそのまま「先⽣」として就職活動してもほぼ間違いなく失敗に終わるでしょう。
ではチャンスはないのかと⾔いますとそうではありません。
まずはニュージーランドの状況を調べて、「ニーズがある仕事」を探していきましょう。

例えば、上記の仕事では
基盤回路の設計 → メンテナンス修理系、ソーラー設置
学校の先⽣ → スポーツインストラクター、学習塾
配電盤の製造 → 電気⼯事⼠
看護師 → ソーシャルワーカー、福祉施設
などへもアプローチが可能と思われます。

これなら就職活動できる対象がグッと広がります。
このように、「これまでの職歴・経験を他の業界でも⽣かすことが出来るのか?」について考えていくと良いでしょう。
※ビザアドバイザーへは必ず事前にご相談下さい。

関連記事

  1. ニュージーランドの会社が何を求めているのか?困っているのか?

  2. Over Qulifyと⾔われたら?

  3. 「電気と工事1月号」に電気工事士さんのコラムが掲載されました

  4. 出来⾼の仕事からフルタイムのオファーは取れるのか?

  5. 新卒でビジネス系の専⾨学校を卒業しました。仕事は⾒つかるでしょうか?

  6. 需要がある職種とは?

NZ移住BOOK無料版プレゼント

※メールマガジンに自動登録となります。
​※解除はいつでも可能です。




メールアドレス:

ニュージーランド就職活動BOOK

日本人が間違えやすい英語110選!